スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぽっくん②

辛いです。

ぽっくんは5月21日に虹の橋へと旅立っていきました。
享年10歳と2ヶ月でした。
ぽっくんは私が始めて飼ったワンコで手探りで育てましたので、らむこまとは違った思い入れのある子なんです。
結婚して家を出るときにもちろんぽっくんも連れて行くつもりでしたが、父の「ぽっくんは絶対に連れて行ってはダメだ!」という猛反対に合い、実家に残ることになりました。
幸い私は実家の近くに住んでいるので、毎週のようにらむこまを連れて遊びに行っていました。

ぽっくんの闘病生活はあまりにも短かったです。

ぽっくんが病気だと判明したのが5月9日。
一度も家族と離れてお泊りをしたことがないぽっくんが9日からいきなりの3泊4日の入院でした。
病院が大嫌いなハズのに骨髄検査、輸血、血液検査、レントゲン、エコーと様々な検査のオンパレードを頑張ってこなしていました。
その結果「免疫介在性溶血性貧血」と判明。
最悪の白血病では無かったものの、私達は聞いたこともない病気に戸惑い不安でいっぱいでした。
ぽっくんだって、あんなに大きな病院で色んな検査して不安だったよね。。。

でも退院してからのぽっくんは弱音も吐かず、必死に病気と闘っていました。
極度の貧血でフラフラしていたものの、ご飯もモリモリ食べて、毎日たくさんのお薬もチーズに丸めてだけど「もっともっと!」って勢いよく飲んでくれたし、おトイレは最後までお外だったけど、お外に出ればゆっくりだけどちゃんと歩いていたし、本当におりこうさんでした。

退院して初めての通院日は16日。
血液検査の結果は12日の退院時から良くも悪くも変化なし。
先生はその日のぽっくんを見て良い結果を想像していたらしく、それはそれはがっかりしていました。
そんな先生を見て私たちもがっかりしたものです。

その後、様子がおかしいなと感じたのが20日の夜中。
喉に何かがつっかかっているように「カッカッ」としていたので、念のため朝一番で病院へいくことにしました。
でも、朝はご飯も食べるし、チーズお薬も飲んだし、おトイレもお外で普通にしたんです。
この時本当は痛かったかもしれない、苦しかったかもしれない、ダルかったかもしれないけれども。。。
まさか、これがぽっくんの命取りになるとはこの時は夢にも思いませんでした。

病院へ行って、血液検査とレントゲン検査をしました。
血液検査の結果は前回よりも赤血球が作られていて、回復に向かっていると良い結果でしたが、
レントゲン検査では右の肺だけ全体的に影があると言われました。
免疫を抑える治療をしているので、大事を取って2~3日入院して詳しく検査をしてみましょうということになりました。

お話の後、先生に病室に案内されたとき、ぽっくんはクリーンルームのような空気の濃いお部屋に入っていました。
普通にお座りをしていて、私達を見てとびっきりの笑顔をしてくれました。
「ここね、気持ちいーんだよ♪ ぼく今日はここにお泊りするね。 母さん(ぽっくんママ)、姉ちゃん(私)ばいば~い(^^)/~」
なんて言っているようでした。

前回の入院の時は、面会に行くと「一緒に帰る!」って駄々こねていたのに。。。
この日は帰ろうとする私達を引き止めることなく、とてもさわやかに見送ってくれました。

なので安心した私達は帰りの車の中で
 「ぽっくんはあのお部屋が気に入ったみたいだね♪」
 「とびっきりの笑顔だったよね♪」
 「若返ったみたいにすがすがしいお顔しててね~」
 「明日の面会のときは何のおやつ持っていこうか」
明るい話題ばかりでした。

その日の夕方、まさかの病院からの連絡。

「ココちゃん(ぽっくんの本名)が大量に吐血しました。 危ない状況ですので病院へ来てください。」

笑顔でぽっくんとバイバイしたのが12時すぎ、病院から連絡があったのが16時半頃。
そんなに早く急変するのであれば、わがままを言って引き止めて欲しかった。。。
そしたら仕事なんて休んで側にいたのに。。。

連絡を頂いて急いで病院へ向かいましたが残念なことに少しの差でぽっくんは息を引き取ってしまっていました。。。

今まで先生たちが処置していてくれたであろう台の上で横たわっているぽっくん。

ぽっくんの体は普通に温かくて、目も開いていていつも通りキラキラして、表情だってそれは穏やかでした。
その表情からは大量に吐血したなんてとても信じられなくて、死んでしまっているなんてやっぱり思えなくて。。。
台の上に横たわっていることがただすごく不自然で・・・

笑顔のバイバイの再会がこんなことになるだなんて思いもしませんでした。。。

ぽっくんの死因は先生が説明してくれていたけど、文章にできるほど覚えていません。

私達はぽっくんを看取ることが出来なかったけれども、優秀な先生方、優しい看護士さんたちに見守られて苦痛もきっと最小限に抑えて頂けただろうし、寂しい思いはしなかったと思います。 というよりも、思いたいです。

ぽっくんはせっかちな子だったから私達を待っていてくれなかったのかな。
それとも母さんと姉ちゃんはぽっくんの苦しい姿みるとエンエン泣いちゃうの知ってるからわざと待たないで逝っちゃったのかな。
最後にきっと辛かっただろうに、笑顔でバイバイしてくれてありがとうね。。。

でもね、姉ちゃんはぽっくんのあの笑顔を思い出すとまだとても切なくなるんだよ。

どうしてぽっくん家に帰ってもぽっくんはおかえりってしてくれないんだろうね。
どうしてぽっくん家でご飯食べていてもぽっくんは隣に居ないんだろうね。
どうしてぽっくんのおもちゃでらむこまがエキサイトしていても、ぽっくんは怒らないんだろうね。
ぽっくん家ね、何か変だよ。

とっても変なんだよ。

変じゃなくなる日はくるのかな。。。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secret

勝手な考えですが、、、
ぽっくんのとびっきりな笑顔は大切なご家族に囲まれて生活してきた最後の恩返しだと思います。
別れは辛いですが、いっぱいのありがとうの気持ちですよ!

ぽっくんのご冥福をお祈りします。

・・・ぼっくんの、ご冥福を心からお祈りいたします・・・。

ぽっくん、頑張ったよね・・・
私も、最後の笑顔には感謝の気持ちがこもってると思う・・・

10歳と2ヶ月・・・長いとか短いとかよりも、内容の濃さだよ・・・
きっと、ぽっくんは家族みんなに可愛がられて幸せだったと思うよ♪

ご冥福をお祈りいたします!!

>梅松父さん
ありがとうございます。
ぽっくんは本当にすがすがしい笑顔でさよならしてくれました。
別れは想像以上に辛いですが、らむこまのおかげで大分気は紛れています。
ぽっくんと過ごしたすばらしい時間に感謝して頑張ろうと思います。

>モナかあさん
ありがとうございます。
まだまだ信じられませんが、闘病はぽっくんにとっては非常に辛かったと思うので
あまり長く苦しまなくてよかったと徐々に思えてきましたよ。

>もじゃかさん
ありがとうございます。
今となっては病気だと判ってから実家でぽっくんと過ごせて良かったと思います。
輸血もうづひよちゃんも協力してくれると言ってもらえて心強かったです。 その節はありがとうございました。
実家でぽっくんは父母に甘やかされて愛情を一人占めしていたのでぽっくんは幸せだったと思います。
年数ではなく濃さですよね。 うん、ぽっくんは濃かったハズ!

 ぽっくんのこと… おどろきました。
 
 ぽっくんは、愛されて、愛されて、
 幸せだったと思います。

 心からご冥福をお祈りいたします。
 

>ポポ太ママさん
ありがとうございます。
ぽっくんは短い闘病生活でしたが、私たちに心の準備期間を与えてくれて
最後まで親孝行な子でした。
最近はポポ太はどうですか?
またらむこまと一緒に遊んでくださいね!
カレンダー
親のプロフィール

らむこママ

Author:らむこママ
HOME:横浜市鶴見区
らむこまのお世話役、専業主婦の私と遊び役のちょっと忙しいらむこパパの4人家族です。
仲が良過ぎて?時々激しいケンカをするらむこまに振り回されながら楽しく過ごしています♪
2012年年明け早々にらむっぷが蛋白漏出性腸症を患っていることが発覚。
ただ今全力で闘病中です!
時々CATNAPの保護犬チワワの従兄弟のギズモも登場します!
どうぞよろしくお願いします♪   m(__)m m(__)m m(__)m

子供達のプロフィール
s-IMG_2661.jpg 名前:らむっぷ(タイガーブリンドル)♀ 体重:9kg             誕生日:’05/10/21       出身地:埼玉県生まれ横浜育ち   趣味:テレビ観賞          性格:人が大好きで社交的、運動神経抜群 s-IMG_2657.jpg 名前:こまち(パイド)♀(享年7才)     体重:7kg             誕生日:’05/6/17        出身地:岡山県生まれ横浜育ち     趣味:ドリブル            性格:甘えん坊の不思議ちゃんでずーずーしい s-IMG_10640.jpg 名前:ギズモ(パーティ)♂       体重:2kg             家族日:’07/10/23        出身地:動物愛護団体CATNAP     趣味:現実逃避            性格:いばりんぼで小心者のハウス大好きっ子 名前:ココ(レッド)♂ (享年10才)      ニックネーム:ぽっくんおじさん  体重:14kg(最高19kg)             誕生日:’99/3/4            出身地:愛知県生まれ川崎育ち     趣味:食べること            性格:相当なビビリで犬が大の苦手、意外と芸達者 s-DSC01139.jpg 名前:モカ(白茶)♂(享年14才)                  体重:4kg             誕生日:’97/6/22            趣味:散歩              性格:犬が大好きで友達作りが上手、すごく芸達者
最近の記事+コメント
FC2カウンター
現在の閲覧者数:
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ペット
7813位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]

4066位
アクセスランキングを見る>>
参加ランキング
モバペ|ペット人気ブログランキング 人気ブログランキングへ bnr.gif フレンチブルドッグひろば にほんブログ村 犬ブログ フレンチブルドッグへ
何歳になったっぷ~?
script*KT*
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

バロメーター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。